弁護士も税理士も大変な職業

どんな仕事でも大変な事はありますが、税理士にも辛い事はあります。
税理士にとって大変な事と言ったら脱税と申告漏れで、税務の関する法律は変わるため日頃から勉強しなければなりません。
正確な知識を身に付けておかないと計算を間違えたり、記入漏れがあっても気か付かず申告漏れや脱税を疑われてしまいます。
税理士はこういった失敗がないように個人事業主や企業がきちんと納税できるようにサポートするのが仕事で、サポートする側がミスをしていたら依頼主も税理士も信頼を失ってしまうため大きな責任があるのです。
税理士は膨大な量の領収書や売上明細書を確認し、税金に関する書類と向き合う時間が長時間続きます。
計算や事務作業は苦にならない税理士が多いですが、繁忙期にはそんな税理士でも逃げたくなるそうですよ。
税理士って難易度の高い国家資格なので税理士になるのは大変ですが、税理士になってからも大変なんですね。
数字が合わないと大変だし、ストレスや過労などで体調を崩してしまう人も中にはいるそうです。
仕事によって大変に感じることは違いますが、弁護士も大変な職業ですね。