ホワイトニングはカウンセリングに抜かりなく?!

多くがぶっつけ本番であるともいえるのがホワイトニングではないでしょうか。
お試しみたいなものはありますが、一部分へのお試しみたいなことはないといいます。
だから、リスクとその対処を知ることでやっとホワイトニングができるものです。

有名なところでいうと、ホワイトニングと知覚過敏は友達になりやすいといわれています。
もし忘れている頃に歯がうずいたこともあったのに、ホワイトニングしてしまうとどうなるでしょう。
もともとの過敏体質が認識されずにホワイトニングを進めてしまうというのも危険かもしれません。

なので、かなり昔の軽いうずきでさえも、ホワイトニングのカウンセリングで漏らしてはいけない情報でしょう。
もちろんそれが何度かあったか、その時1回かというのも話しておきたいものです。
自覚のない過敏体質がわかれば、ホワイトニングの決断も行い方も歯科医師が判断してくれます。

そう、ホワイトニングにおけるカウンセリングは過敏体質かどうかを認識したり知る機会にもなるようです。
ホワイトニングができるかどうかを判断するためのものだけでもないのかもしれません。
ホワイトニングから自分の歯の感覚を知れる、ということはホワイトニングは早くするのもいいのではないでしょうか。