可児市の歯科に行く

歯みがきは、人並みにはちゃんとやっている方だと思っていた。
たとえば、奥の方まで突っ込まないとちゃんと磨けないとか、鏡で見える側だけでなくその裏側もしっかりと磨かないとならないとか、歯医者や親に教わったことをそのまま実践してきたはずなのに、やっぱりそれでもどこかで磨き残しが起こるのか、たびたび私は虫歯をこさえて歯医者に行かされる羽目になった。
これならいっそもう全部入れ歯にしたい、なんて言い垂れて、祖父にゲンコツを食らったのも今はいい思い出である。
そして、これもいい思い出になればいいなと思うのだが、この年になって虫歯を作ってしまったのである。
可児市の歯科を検索して、どうにか仕事帰りに寄れる歯科を見つけたわけだが、なんとなくこの歳で「虫歯かよ」と思われやしないかと、ムダな心配ばかりしている。
どうせなら親しらずとかその類の方がまだよかった、とも思ったのだが、これを他人に言うとまたゲンコツを食らいそうだと思ったので、自分の胸の中に留めておいた。
さて、今日の退勤後はそのまま歯科に行くことになる。
今から顔から火が出そうである。